IT転職を有利にするコツとは未経験で転職を目指す!目標設定とスキル磨きで不安を払拭!

未経験での転職の特徴について

未経験で転職することは、経験不足というデメリットがある反面、業界には無いスキルを持つことで良い条件となるケースがあります。
例えばコミュニケーション能力に課題があるエンジニアの部署に、営業職に携わってきた人は需要が多いものです。ビジネススキルを有するエンジニアは少なく、また教育を施すとしても効果は薄いからです。

そもそも人とのコミュニケーションを取ることを苦手とする人がエンジニアになることが多いので、将来の幹部候補もなかなか見つからないことになります。そこで、業務自体は未経験であってもビジネススキルは十分に高めている人材が必要とされるわけです。業務に関しては後から教育することが可能となります。ビジネススキルは豊富な経験と、そこでどのようなことを学んだのかが重要となります。けれども普段の業務に埋没してしまうことで、多くの人は転職で必要となるキャリア形成まではなかなか手が回らないことになるのです。

逆に普遍的なビジネススキルを身に付けているのであれば、未経験であっても転職を有利な条件で行うことが可能となります。将来のキャリアチェンジも考えるのであれば、普段の業務の中でビジネススキルにつながることを見つけ出すことが必要となります。となれば、携わる業務以外にも覚えることが出てくることになります。その分忙しくなりますが、いざという時のためにスキル形成を意識して業務に取り組むことが大事というわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です